転職サイト・転職エージェントのオススメの使い方

オススメ転職サイト・転職エージェント

いらっしゃいませ。ワタリです。

このブログは新卒で小売業に入社し、店舗勤務→人材業界→IT業界と、2回の異業種転職をしてきた実体験をもとに、異業種転職のポイントをまとめています。

異業種転職を成功させるには、普段仕事で接しない業種のことを知る必要があります。しかし多くの場合、他の業種の実際の状況を知るのはなかなか難しいものです。不足した情報を補い、異業種転職成功へ必須なのが転職サイト・転職エージェントの利用です。このページを読んで使い方を知り、ぜひ登録してください。

ちなみに、転職サイト・転職エージェントは基本的に無料で利用できます(一部有料機能があるサイトも)。

オススメの転職サイト・転職エージェントは下記記事をご覧ください。

転職サイトとは

転職サイトとは、数多く掲載されている求人の中から、自分で検索して応募できるサービスです。特徴としては

  • 色々な条件で求人を絞ることができる
  • 企業やエージェントからスカウトを受けることができる
  • 履歴書作成や自己診断など転職活動を後押しする便利な機能がある

といったものがあります。転職サイトによって特徴や得意分野が違うので、一通り登録しておきましょう。

転職サイトの使い方

転職サイトは主に準備段階、求人に応募するまでの土台作りで利用するのが有効でした。

  • 職務経歴書作成などの便利機能の活用
  • 応募したい求人の方向性を検討
  • 転職エージェントとマッチングして面談

知識の少ない異業種でどのような仕事があるのかを知るための、情報収集サイトとして使うことが多かったです。転職サイトから求人に応募はしませんでした。理由は

  • その企業の詳細な情報は求人だけではわからない
  • 選考にあたって押さえるべきポイントや、「この企業はこういう提案の仕方がいい」といった情報が自分だけではわからない

というものです。そして、このように不足している生の情報を補完するのに利用すべきなのが、転職エージェントです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職を検討している人に転職のアドバイスや求人の紹介、企業への後押しなどの様々なサポートをしてくれるサービスです。特徴としては、

  • 一人ずつ担当のキャリアアドバイザーが付き、転職活動をサポートしてくれる
  • 非公開求人(転職サイトなどには掲載されていない求人)を紹介してくれる
  • 業界別に担当しているため、その業界の内容に詳しい
  • 企業へのプッシュをしてくれることもある

といったものがあります。どんなキャリアアドバイザーが担当に付くかに大きく左右されるという要素があるので、自分にとって相性の良い人と出会えるよう、色々な転職エージェントに登録しておくことをオススメします。

ちなみに、転職エージェント企業にはリクルーティングアドバイザーという、企業担当者もおり、日々企業の実際の状況をヒアリングしています。異業種転職では普段接点の無い業種の情報を掴む必要があるため、転職エージェントを活用して幅広く情報収集することが成功のポイントです。

転職エージェントの使い方

転職エージェントは、転職サイトで情報収集後、実際に応募していく段階で活用します。下記に紹介しているような総合系の幅広くサポートできる転職エージェントには予め登録しておいて、ビズリーチなどのエージェントからのスカウトが多い転職サイトで業界特化型の専門エージェントへ相談をすることがうまくいったポイントでした。活用のポイントは、

  • 自己分析や方向性、キャリアプランなどの作戦立て、相談
  • ”擦り合わせをした上で”条件に合う求人を紹介してもらう
  • 実際に転職エージェント経由で応募しつつ、サポートを引き出す

転職エージェントは単に求人を紹介してもらうのではなく、希望している業種の実態を教えてもらうこと、一緒に作戦を立ていくパートナーとして伴走してくれるような関係性を築くよう努めていると、良いサイクルに入ることができました。

ちなみに、登録後に面談をしなければ求人を紹介してもらえないので、web登録→面談は気負わず進めましょう。慣れていなくても導いてくれますし、回数を重ねると慣れてきてやりとりもスムーズになっていきます。

転職エージェントとの相性

転職サイトに得意分野があるのと同様に、転職エージェントにも得意不得意があります。大きな傾向として、

  • 大手エージェント:非公開求人を多数持っている/経験の浅い担当が付くこともある
  • 特化型・小規模エージェント:保有求人数は厳選したもの/企業に深く入り込んでいる、業界情報に精通しているなどその道のプロがいる

ということもあります。とはいえ、大手でも長年経験している人や多くの人の転職を成功させ続けている人もいますし、若手で経験が浅くてもとても一生懸命頑張ってくれる人もいます。

スキルだけでなく、性格などの相性も大事なので、良い人と出会える可能性を増やせるよう色々なエージェントに相談すると良いでしょう。

転職エージェントから求人を引き出すために

まず理解しておくべきは転職エージェントのビジネスモデルです。転職エージェントは、

  • 企業に求職者を紹介し、その求職者が入社したら、その年収の3〜4割が売り上げとして発生する
  • 転職エージェント企業にとっての顧客は求人をくれる企業、求職者は商品に近い
  • 転職エージェントは営業なので、「売り上げを上げたい=求職者を入社させたい」という気持ちが強い(企業担当・求職者担当問わず)
  • 入社を優先させるために、その求職者にフィットしていなくても募集している数が多い・採用のハードルが比較的低い求人を優先して紹介される場合がある
  • 企業に紹介しても入社の可能性が低い・入社に導くまでの労力が大きいと判断されるとコミットしてもらえない可能性がある

といったことを求職者側も理解しておく必要があります。特に求職者の立場では

  • フィットする求人を紹介してくれる
  • 紹介した企業の内容を共有してくれる
  • (可能であれば)企業へプッシュしてもらえる

ということが重要です。そのためには自分が転職エージェントにとって「企業に紹介したい」と思ってもらえるようにアピール≒営業しておく必要があります。

  • 自分はどのような経験・強み・スキルがあるのか
  • 目標達成・課題解決のためにどのようなスタンスで日々行動しているのか
  • その結果、どのように成果に貢献できるのか

を言語化して伝えるようにしましょう。「転職したいからいい求人持ってきて」というスタンスで転職エージェントとやりとりしていると、「この求職者は企業に紹介できない・したくない」と判断されてそれらしい求人を紹介されて遠回しにリリースされます。

転職やキャリアアップという目標を達成するために、転職エージェントという強力な協力者の支援を引き出せるようなコミュニケーションは常に心がけておくべきです。

転職サイト・転職エージェント利用のプロセス

具体的に、うまく行ったパターンをまとめると下記のような流れです。

  • 良さそうな転職サイトに一気に登録する
     (このタイミングで転職エージェントに登録しておいてもOK)
  • 転職サイトの機能で職務経歴書・履歴書を作成する
  • 転職サイトで検索を繰り返し興味のある求人の方向性を把握する
  • 転職サイトの自己診断などの機能を活用し自己分析を進める
  • ⑤-1
    良さそうな転職エージェントにいくつか登録し、各社と面談する
     (転職サイトで検討していたような求人を打診、活動の相談)
  • ⑤-2
    転職サイトで接触できた転職エージェントにも同様に登録、面談する
  • 面談、やりとりした転職エージェントの中で、相性の良い担当を絞る
  • 自分と相性の良い転職エージェントを中心に相談し、自己分析の深堀、職務経歴書のブラッシュアップを進める
  • ラベル
    条件に合う求人を紹介してもらい、実際に応募する求人を絞り込む
  • 実際に応募、面接などの進展に合わせて転職エージェントと作戦を練り直す
転職サイト・転職エージェント利用のプロセス(筆者作成)

転職サイト・転職エージェント活用の注意点

複数の転職サイト・転職エージェントに登録すると発生するのが管理問題です。主に下記のような内容は予め記録しておいたり、登録時に気をつけましょう。

  • 各転職サイトのパスワード
  • 転職エージェントごとの担当者名
  • どの転職エージェント(転職サイト)から、どこの企業のどの求人に応募したのか
  • 転職サイト登録時、現職企業から見られないように除外登録をしておく(転職サイト内)

パスワードや担当キャリアアドバイザーの名前、求人など、数が増えてくると管理が大変になります。

さらに、転職活動では、「一度応募した企業には一定期間再応募できない」という注意点があります。そのため、ある転職エージェントAから既に応募した企業Bに落選したからといって、別の転職エージェントCから応募することはできません。

転職エージェントと面談するときにも、応募済み・応募中の企業について聞かれますので、管理はしっかりやっていきましょう。

手帳やエクセルなど、管理方法は自分に合ったものを使えば良いですが、個人的にはNotionを使って管理するのがとても良かったです。直感的に操作でき、色々な情報を管理・編集しやすいのでぜひ使ってみてください。


転職サイト・転職エージェントからいい求人が来るのを受け身で待つのではなく、自分から積極的に動いていい結果をつかみ取れるように活動するのが良いかと思います。実際に私が転職活動でいいと感じた転職サイト・転職エージェントは下記の記事で紹介していますので、ぜひ登録してみてください。

転職活動・キャリア形成のお役に立てると嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。またどうぞお越しくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました